【高周波用語集】同軸コネクタとは

同軸コネクタとは

 同軸コネクタは同軸ケーブルと装置の入力または出力端に装着し、高周波信号をロス無く着脱できる器具です。
周波数や目的に応じて色々なコネクタが使用されていますが、接続部分(開口部)は国際規格により決まっているため、同種のコネクタであればメーカー間での互換性があります。

一般的には、放送局の映像系で主に使用されているBNC型コネクタ、高周波系ではN型コネクタ、TNC型コネクタなどが一般的です。また、マイクロ波帯ではSMA型やN型コネクタ等が使用されています。

同軸コネクタの種類と特徴

 ここでは、実際の同軸コネクタの例と特徴、主な用途などについて説明します。

コネクタ名および写真 説明
BNC型コネクタ
BNC型コネクタ
同軸コネクタの中でも、非常に広範囲にわたって使用されているコネクタです。バイオネットロック機構による着脱方式となっているのが特徴で、機器内、外部との接続コネクタ等用途を問わず幅広く使用されています。50オーム用コネクタですが、開口部の絶縁体を一部取り除き、75オームで整合が取れるようになっている物もあります。
75オームタイプも50オームタイプと、機械的には互換性があります。使用周波数はDC~4GHz程度です。
TNC型コネクタ
TNC型コネクタ
BNCと同じ同軸構造を持ちながら、接続部分のみBNCのバイオネットロック方式から、ねじ式に替えたものです。接続部分の接続安定性、外部漏洩などはBNC型よりも高性能です。
N型コネクタ
N型コネクタ
ねじ勘合式で、マイクロ波測定器用などに数多く使用されています。形状が比較的大きいため、機器内ではなく、機器対機器の接続に使用される場合が多いです。使用周波数はDC~10GHz程度です。
SMA型コネクタ
SMA型コネクタ
マイクロ波帯で、最も一般的に使われているコネクタです。N型に比べて小形になっているのが特徴で、主に機器内配線に使用されます。
内径が1.27mm、外径が4.2mmとなっていて、内導体を支持する絶縁物にはテフロンが用いられています。テフロンの比誘電率は約2.0です。使用周波数はDC~18GHzです。
SMAコネクタの名称は、(Sub Miniature Type A)からきています。
3.5mmコネクタ
3.5mmコネクタ
SMA型コネクタとの勘合互換性を保ちながら、さらに高い周波数で使用できるコネクタです。
SMA型コネクタでは、絶縁物にテフロンを用いている関係上、絶縁物が空気の場合より波長が短縮し、遮断周波数も低くなります。3.5mmコネクタは、絶縁物を空気にすることにより、この波長短縮を抑えています。また、テフロンより、誘電率が低くなることから、外径を小さくすることができ、導波管伝送モードの遮断周波数をさらに上げることができます。
このコネクタの外形寸法は3.5mm、内径寸法は1.5mmとなっています。中心導体を支持するために、誘電率の低い誘電体にレンコンのように穴を開け、実質の誘電率を空気に近くした支持絶縁物を使用しています。
2.92mmコネクタ
2.92mmコネクタ
SMA型コネクタとの接続互換性を保ちながら、3.5mmコネクタより外径がさらに小さくなっています。
2.92mmコネクタは、内導体径がSMAと同じ1.27mmとなっており、絶縁体をテフロンから空気に変更することにより、外形が2.92mmとなっています。これにより導波管モード遮断周波数をさらに高くすることができ、使用周波数DC~40GHzを実現しています。
Kコネクタと呼称しているメーカーもあります。
2.92mmコネクタより、さらに高い周波数で使用できるものとして、2.4mmコネクタ、1.85mmコネクタ(Vコネクタ)、1mmコネクタ(W1コネクタ)などもあります。
SS型(SSMA型)
SS型(SSMA型)コネクタ
SMA型をさらに小型化し、機器内のコンパクト化のために用いられることがあります。
SMB型
SMB型コネクタ
SS型と同様、小形コネクタですが、SMB型は接続がスナップロック方式となっています。
SML型
SML型コネクタ
SMB型と同様の小形、着脱容易性の特長を持ちながら、ローコスト化した、当社独自のコネクタです。

《高周波用語集》
デシベル計算固定アッテネータ抵抗値表アンプの用語解説物理定数周波数と波長表皮効果(Skin Effect)損失リターンロス・VSWR減衰器分配・合成同軸ケーブル同軸コネクタ雑音指数インピーダンスマッチング(インピーダンス整合)