【高周波用語集】リターンロス・VSWR

リターンロスとは

 リターンロスとは、読んで字の如く反射損失のことです。例えば、ある装置に高周波信号を供給しようとする場合一般的にはコネクタ付き同軸ケーブルで接続します。
この時、伝送路は同軸ケーブルを介して同軸コネクタという接続点が出来ます。当然同軸コネクタもインピーダンスマッチングされているものですが、ミクロ的に見れば接続点は境界面にあたり、この点でインピーダンスの不連続点が起きるのです。このような不連続点は同軸コネクタとプリント基板の接合部でも起きます。従って、この電気的な不連続点を最小にすることが求められるのです。

リターンロス

この伝送路に信号を印加すると、この接続点で反射が起き信号の一部は信号源側に帰っていきます。
この入射波と反射波の比をデシベルで表したものがリターンロスとなります。
この入射波と反射波は同一周波数なので位相が一致すると定在波が立ちます。
そのときの最大振幅と最小振幅の比をVSWR(電圧定在波比)と呼んでいます。

リターンロスとVSWR,反射係数の関係

 Return Loss=20log10(VSWR+1/VSWR-1)  (dB)

  VSWR=(10R.L./20+1/10R.L./20-1)

  反射係数|Γ|=(VSWR-1)/(VSWR+1)
        |Γ|=(Zi-Zo)/(Zi+Zo)

Return Loss(dB) 電圧定在波比(V.S.W.R) 反射係数(Reflection Coeff.)
60 1.002 0.001
50 1.006 0.003
40 1.020 0.01
35 1.036 0.018
30 1.065 0.032
29 1.074 0.036
28 1.083 0.040
27 1.094 0.045
26 1.106 0.050
25 1.119 0.056
24 1.135 0.063
23 1.152 0.071
22 1.176 0.079
21 1.196 0.089
20 1.222 0.1
19 1.253 0.112
18 1.288 0.126
17 1.329 0.141
16 1.377 0.159
15 1.433 0.178
14 1.498 0.200
13 1.577 0.224
12 1.671 0.251
11 1.785 0.282
10 1.925 0.316
9 2.100 0.355
8 2.329 0.398
7 2.615 0.447
6 3.010 0.501
5 3.569 0.562
4 4.420 0.631
3 5.847 0.708
2 8.723 0.794
1 17.399 0.891
0 1.0

《高周波用語集》
デシベル計算固定アッテネータ抵抗値表アンプの用語解説物理定数周波数と波長表皮効果(Skin Effect)損失リターンロス・VSWR減衰器分配・合成同軸ケーブル同軸コネクタ雑音指数インピーダンスマッチング(インピーダンス整合)