2017年11月15日(水)~17日(金)InterBEE2017に出展いたします

コネクタ

 

 

本年よりInterBEE2017(2017/11/15~2017/11/17;幕張メッセ)に出展します。

弊社では「高周波と光の伝送技術で夢をつなぐ専門メーカー」を旗印に、今日まで築き上げて参りました多くの製品を展示しておりますので、皆様のより一層のご理解とご鞭撻を賜りたく、ここにご案内を申し上げる次第でございます。
なお、展示ブースにて技術説明員、営業担当が常駐しております。お気軽にお声がけください。
ご多用中のところ誠に恐縮とは存じますが、何卒ご来場くださいますよう心よりお待ち申し上げております。
下記製品は展示商品の一例です。

Hall4 4506にて、皆様ご来場を心よりお待ちしております。
InterBEE2017会場図

入場にはInter BEEサイトからの事前登録が必要です。
InterBEE2017入場申請はこちらから

75Ω 7GHz F型 CAL Kit&Adapter Kit

4K8K放送設備および生産設備向け75Ωで7GHzを保証、信号性能を高精度で測定できる環境をご提供します

コネクタ

■PD630 Calibration Kit
本製品は、国立研究開発法人産業技術総合研究所の標準器を基準としたデータベースにより校正を行っています。このデータベースを基にした周波数・Sパラメータ・不確かさを記録したファイルは付属USBに格納されており、ご使用の測定器にインポートすることで、同研究所で校正した状態と同等の状態にすることが可能です。

コネクタ

■PD631 Adapter Kit
4K8Kに特化した損失の少ないインピーダンス変換器により、効率よく測定や調整を可能にする変換アダプタキットです。別売りの広帯域インピーダンス変換器と組み合わせることで、4K8Kの他にCATVやBS・CSなど広範囲のアプリケーションに使用することが可能です。

コネクタ

本製品は、国立研究開発法人産業技術総合研究所が行った受託研究の成果を活用しています。

高性能75Ω同軸ケーブル

75Ωで18GHz対応、米国Insulated Wire社の高性能同軸ケーブルを用途に合わせて3種類ご用意いたしました

コネクタ

■1151/75
RG179よりも損失が少ない、0.085インチの小径ケーブルです。HD-BNCコネクタが利用可能で製品内部の接続などに適しています
■1801/75
コモディティケーブルが信号速度の高速化に必要な性能を提供できないアプリケーション向けPrecision NおよびHD-BNCコネクタにより優れた低損失性能を発揮する中型ケーブルです
■2801/75
2801/75は75Ωケーブルの最高峰、電気的にも機械的にも優れており、-55°C〜+ 165°Cの環境下でも低損失を保証。装置間接続や高精度計測などに適しています

6GHz/10GHz帯ROF-LINK ROF502
コネクタ

■RoF(Radio Over Fiber)とは光信号を無線信号(変調された搬送波)で強度変調して光ファイバで伝送する技術です。光ファイバは同軸ケーブルに比べ低損失で広帯域な特性を持っていますので数10kmの遠隔距離の伝送も可能です。弊社は小型・軽量・安価で手軽にRoF伝送を導入できる装置としてROF001(10MHz~1.6GHz)、ROF101(60MHz~3GHz)を提供して参りましたが、この度、周波数をマイクロ波帯にまで拡張したROF502の試作開発を行いました。無線通信においても需要が増大するマイクロ波帯での高周波信号伝送のキーコンポーネントとしてお役に立つものと考えます。コストを抑えた6GHz対応品と10GHz対応品をラインナップする予定です。お客さまの用途に合わせて使用するマイクロ波帯LNA、PAについても提供が可能です。
■6GHz/10GHz帯ROF-LINKの特長
(1)高出力 EO :ファイバ接続端平均光出力 10mW
(2)広帯域: 伝送可能周波数帯域 10MHz~6GHz/10GHz
(3)直接光変調方式:装置の小型化を考慮し、直接光変調方式を採用。
 (なお、LN変調器による~40GHz光送信機(EO)の製作も可能ですのでお問い合せ下さい)
(4)用途に応じたRFコンポーネントとの組合せによるシステム化
(5)主要性能

項目 対向性能 備考
光波長 1310±10nm 1550nm帯対応可能
平均光出力 10dBm(10mW)  - 
適合光ファイバ 1310nm帯零分散SMファイバ  - 
光コネクタ SC-APC FC-APC,SC-SPC等可能
RFコネクタ 2.92mmコネクタC  - 
仕様周波数 10MHz~6GHz 10MHz~10GHz 光損失3dB時
伝送利得 2±3dB -5dB  - 
NF 50.5dB 46.5dB  - 
出力IP3 +10.0dBm +13.2dBm  - 

本品は開発中であり意匠、仕様については製品化の際、変更となることがあります

マルチ電源対応ROF-LINK/4k8k対応ROF-LINK
コネクタ

■RoF(Radio Over Fiber)とは光信号を無線信号(変調された搬送波)で強度変調して光ファイバで伝送する技術です。光ファイバは同軸ケーブルに比べ低損失で広帯域な特性を持っていますので数10kmの遠隔距離の伝送も可能です。
弊社は小型・軽量・安価で手軽にRoF伝送を導入できる装置としてROF001(10MHz~1.6GHz)、ROF101(60MHz~3GHz)を提供して参りましたが、この度、ACアダプタ、乾電池、モバイルバッテリ、直流安定化電源など多様な電源に対応したマルチ電源対応ROF-LINK(ROF131)を開発しました。
また、4k8k放送のIF帯域に対応するため周波数帯域を3.5GHzにまで拡張した4k8k対応ROF-LINKを開発中です。

■マルチ電源対応ROF-LINK(ROF131)の特長
(1)ROF101(60MHz~3GHz)の基本性能を踏襲
(2)マルチ電源化 ◆電源回路の再設計により電源電圧範囲をDC+4.5~6.5Vに拡大(従来 6V)
         ◆EIAJ#2DCジャックおよびMicro-USB電源コネクタ搭載(切替式)
■4k8k対応ROF-LINK(開発中)の特徴
(1)周波数範囲: 60MHz~3.5GHzに対応
(2)マルチ電源化対応 検討中
(5)主要性能

項目 対向性能 備考
光波長 1550±10nm 1310m帯CWDM波長可
平均光出力 6dBm(4mW)  - 
適合光ファイバ 1310nm帯零分散SMファイバ  - 
光コネクタ SC-APC FC-SPC変更可能
RFコネクタ N-JC SMA変更可能
伝送周波数 60MHz~3GHz(3.5GHz) ()は4k8k対応ROF-LINK
伝送利得 0dB±4dB ALC機能内蔵
CNR 80dB/10kHz以上 0dBm出力時
2toneIM3 -53dBc以下 同上

本品は開発中であり意匠、仕様については製品化の際、変更となることがあります

1.2GHz/2.3GHz 光伝送FPU ROF352
コネクタ

■本製品は、1.2GHz/2.3GHz帯のFPU波を光伝送する装置です。
◆アンテナとFPU受信機の設置距離を伸ばすことで、ダイバシティ効果を高めることが可能です。
◆アンテナとFPU受信機を離すことができるため、FPU受信機を操作しやすい場所に設置する事ができます。
◆アンテナ側には光カメラケーブルを通してO/EからE/O側に電源を供給しますので、電源工事が不要です。

SHF帯バンドパスフィルタ

■特長
◆地上波デジタル放送用
◆6GHz~8GHz帯に対応
◆STL/TTL用低損失「送信共用器」、「受信共用分波器」に最適
■性能(参考例:送信共用器1波)

製品名 送信共用器
仕様周波数 CバンドC7C    Fo=6538.5MHz
挿入損失 FOにて    1.2dB以下
減衰量 Fo±20MHz    15dB以上
Fo±35MHz    35dB以上
Fo±70MHz    60dB以上
VSWR Fo±4.5MHzにて    1.2以下
郡遅延特性 Fo±4.5MHzにて    4.5nsp-p以下
帯域内偏差 Fo±4.5MHzにて    0.5dBp-p以下
入出力インピーダンス 公称50Ω、不平衡
入出力コネクタ N-J型(中心コンタクトは金メッキ)
許容電力 4W以下

温度:-10℃~+45℃(性能保証)
   -20℃~+60℃(性能保証)
湿度:45~90%RH以下(但し結露しないこと)

低雑音増幅器
コネクタ

スタック電子のLNAにはカタログがありません。
なぜならすべてお客様仕様で製作するからです。電気的性能は豊富な知識と経験に基づき、形状や構造はコネクタメーカーの技術力を最大限に発揮して、お客様のご要求にマッチした製品をご提供いたします。
■製品範囲
◆周波数範囲:10MHz~18GHz
◆電源供給:電源端子に印加又は入出力、信号ラインに重畳
◆利得:15dB~ 
◆NF:1dB~8dB
◆コネクタ:TNC/N/SMA
◆構造:防塵、防水構造可能
◆形状:自由自在

セミリジットケーブル曲げ加工

・セミリジットケーブルは信号伝送用または機器間接続用として広くご利用いただけます。
・コネクタの種類として機器間の接続で使われているN型コネクタと高周波に対応しているSMA型コネクタの2種類をラインアップしております。
・セミリジットケーブルは高周波特性に優れ、外導体に銅パイプを使用している為、最終的に使用する形状に簡単に曲げることが可能です。

曲げた後もそのままの形状を維持しますので、機器配線用として幅広くご利用いただけます。
セミリジットケーブルの中でも、数多く使用されているRG402(UT141相当品)、RG405(UT85相当品)の2種類からご指定頂けます。