キーワード検索
型番検索

HPF400M-K09N243

HPF400M-K09N243
  • HPF400M-K09N243
製品タイプ HPF
形状 ハイパスフィルター
特性インピーダンス 50Ω
商品説明

衛星通信装置・マイクロ波中継装置・携帯電話基地局など高周波伝送路における装置や周辺機器用として高い信頼性が求められる分野で幅広く使用されています。

商品特長

 項目  仕様値
 周波数範囲 330~770MHzの指定通過周波数FP
 挿入損失 <1.0dB
 減衰量 1/2FPにて>40dB
 VSWR <1.3
※意匠、仕様等については、予告なく変更することがあります。

HPF400M-K09N243
高周波豆知識

限られた電波の中で、自身の発射する周波数成分や、その高調波を含むスプリアス成分などが他の電波へ影響をなくすために、フィルタは欠かせないもとのなっています。
ここでは、フィルタの種類と高周波回路で使用される事例について説明します。
 カットオフとなる周波数より高い周波数成分のみ通過させるフィルタです。使用する周波数より低い周波数に、不要な成分がある場合に使用します。
 HPFの場合は、LPFと違い、減衰域は低周波数領域となりますので、理想に近い減衰特性が得られます。

【フィルタの構造】
 フィルタも基本回路としては集中定数となりますが、高周波では、寄生成分の影響があるため、その影響を少なくするために、以下に示すような多様な方式が取られています。
(1)BPEのLC共振器を分布定数の同軸構造に置き換える。
(2)共振器間の結合コンデンサは、共振器間の距離によるC結合、または誘電結合などに置き換える。
(3)LPFやHPFのLCをマイクロストリップラインのパターンで形成する。
(4)内部共振器の周波数や結合度を調整するために、金属シールドケースにネジを入れ調整する。
フィルタについては、非常に範囲が広く奥深いため、詳細については参考書を参照して下さい。

同じカテゴリーの商品