キーワード検索
型番検索

N(P)-SMA(P)-50-STF358

N(P)-SMA(P)-50-STF358N(P)-SMA(P)-50-STF358
  • N(P)-SMA(P)-50-STF358
  • N(P)-SMA(P)-50-STF358
  • 高性能
製品タイプ N型-SMA型
形状 N(P)-SMA(P)
特性インピーダンス 50Ω
コネクタ形状 ストレート / プラグ-プラグ
ケーブル種類 STF358
商品説明

スタフレックスケーブルは、高周波特性に優れかつ柔軟性に富んだマイクロウェーブ用同軸ケーブルアセンブリです。高周波計測用または機器間接続用としてご利用頂けます。

商品特長

 項目  仕様値
 周波数範囲 DC-18GHz
 挿入損失(dB/m) 1.12
 VSWR 1.3以下
 特性インピーダンス 50Ω
 耐電圧 1000V AC(1分間)
 絶縁抵抗 1000MΩ以上(500V DC)
 両端コネクタ N-P-SMA-P
 同軸ケーブル STF358
 同軸ケーブル長 50cm(両端コネクタを含む)
 ケーブル外皮材料 FEP
 ケーブル外径(mm) 4.1
※意匠、仕様等については、予告なく変更することがあります。
  特性データー(周波数特性、VSWR、挿入損失)は製品に添付しております。
 ケーブル長はご指定に応じます。 

高周波豆知識

同軸ケーブルとは、正式名称を高周波同軸ケーブルと呼ぶように、高周波信号を効率良く負荷側に伝送する目的で利用されています。『効率良く』とは、信号源の電力が負荷側に伝送ロスを最小にして、負荷側で反射が生じない条件で伝送するということなのです。

ある分布定数線路(無限線路を想定)には、均一に存在する固有のL,C,Rで構成されているとします。その線路での特性インピーダンスZ0は伝送損失がないと仮定すればZ0=(L/C)1/2であり、周波数に関係なく一定の値です。単位はΩ(オーム)となります。この特性インピーダンスは分布定数線路のどこから見ても同じ値となります。

信号源から負荷側に、最大電力を伝送するための条件は、負荷側で反射を生じさせないこと、即ち、信号源インピーダンスと負荷側のインピーダンスが等しいことが必要です。ところが、信号を伝送するためには、信号源と負荷の間に伝送線路が必要であるため、この伝送線路も同じ値の特性インピーダンス線路を使用する必要があります。これをインピーダンス整合、またはインピーダンスマッチングと呼んでいます。

幸い、上記理由から、分布定数線路は周波数に関係なく、何処を切っても同じ特性インピーダンスなので、何Ωのインピーダンスマッチングをするかを決めれば、どういう伝送線路を使用するかが決まります。

同じカテゴリーの商品